青い鳥 ブログ 

のーぷらんブログです  

許さなくていい

人を恨むのには理由がある。

 

許せない人はどうしてもいる。

 

私も、許せなかった。どうしても、赦せなかった。

 

そのことで、また新たに、自分が苦しんで苦しんで、苦しむ。

 

いろいろな本を読んだ。カウンセリングを受け、当時思い立ったあらゆる教室にも通った。

【赦し】は自分の救いになるという事実には納得し、とにかく、なんとか許そうとした。

 

でも、無理に許そうと思えば思うほど、許し⇒赦しには決してならない。

 

また、赦せない自分に余計自己嫌悪にひたる日々・・。

 

 

あるとき、ふと、なぜ、許さなくてはいけないのだろう、と思った。

ここまで苦しんで、なぜ、私が許さなければいけないのか?

 

ぽつん、と思い立った。

 

 

その人のために嫌な思いをさせられ、またがんじがらめに自分をしばり、より苦しむ・・。

 

 

なぜ・・・?

 

 

・・・そう、許す(=赦す)必要などない。

 

私は恨み・憎悪と共存してやろう。もう、これ以上自分をいじめるのは、嫌だ。

 

 

 

 

今、思えば、あの瞬間が、憎悪を手放すきっかけだったのではないかと思う。

・・・・今思えばだけど。

 

 

 

人を恨むのには、理由がある。

理由なく、私が人を恨むわけはない。

だから、私はその憎悪をかかえたまま生きていこう!

 

その受け入れこそが、大事だったのかもしれない。