青い鳥 ブログ 

のーぷらんブログです  

自分が心地よく生活していくことには意味がある

「あんたたちが生きている意味がわからないよ!」

「お前が死のうとする意味もわかんねーよ」

 

あるドラマでこんなセリフのやり取りがあった。

 

そのセリフで逆に「生きている意味って生きているだけで意味があるんじゃないか」と思うようになった。

 

 

生きているだけで意味があるんなら、ましてや、自分が心地よく生活していくことは何かめっちゃ意味がある。

 

 

 

 

試練の人生も意味があるけど、自分が心地よく思う人生も意味がある。

毎日のルーティング(起きて食べて寝るの生活)にも当然意味がある。

 

 

ただ、起きて食べて寝る生活だったとしても、自分が昨日の自分より心地よさを求めて、考えたりしたら、意味がある。

何かを失敗しても、失敗しただけ、それが合わなかったんだとわかる。

自分が自分でそれを選択したんだというだけで、意味がある。

だれか特定の人のためでも特定のもののためでもなく、自分がやりたいからやったということは、もそすごく意味がある。

自分がやりたいことをした、という実感を味わうことには意味がある。

 

 

自分が今、自分で何かをしているということは、自分で「生きてる」を実感できる。

 

何かやったから生きていたり生活をしているのではない。

 

とにかく、今、「生きている」