青い鳥 ブログ 

のーぷらんブログです  

自分の顔を、もうブスと思うのはやめにした

自分の顔、もう、鏡を見るたびに、ブスとか肌がきたないとか、言うのやめにした。

いつまでたっても、自分を自分でいじめて。

私はひとがいるところで鏡がみれなかった。

トイレで鏡をみてお化粧直しを堂々とできる女子がうらやましかった。

横目でそねんでみてた。

たまに、私が化粧を直すと、かならず、私の顔をディスる人が出てくる。それも嫌だった。(今思うと、そのひとは悪気で言ったわけではないのかもしれない。明らか悪気な人もたくさんいたけど。でもそういう人も引き寄せてたんだな、となんとなく思う)

 

引き寄せで叶うのならば。

私は私の顔が大好きになりたい。自分の顔が一番、この世で一番いとおしいと感じるようになりたい。

で、私がきれいになるための、心地よいことを選択していきたい。

私が着たい服をきて(似合わないと言われても!)

私がテンションが上がるメイクをして(もう、肌が汚いからメイクはしないとか言わないで!)

私がこころから、私の顔かわいい!!きれい!!この世で一番好き!!

自分の顔がこの世で一番好きって最強!!

と、堂々と言えるくらいになりたい。

 

その1歩。

まず、鏡をみて、ブスだ、とか 肌がきたない、とか、ぶつぶつが、とか、

いちいち、自分の欠点を探すのをやめる。

 

そして、「私はこの顔のここ、好き」を探す。