読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青い鳥 ブログ 

のーぷらんブログです  

自分がやりたいことがわからないときの処方

自分を大切にする

自分はたいそうな才能がある、自分はものすごい感性がある、という前提にしてみる。

とりあえずだ。

何の才能なのか、なんの感性なのか、とりあえず、考えなくていい。

自分はとにかく、だ!

(なんやわからないけど)

たいそうな才能があって、ものすごい感性があるのだよ。

本気で、本気で(途中笑いたくなるけど、途中、恥ずかしくなるけど)

本気で、本気で、らりるように、考えてみる。

 

下記は友人談も含む

 

だまされた感覚で、お試しにやってみると、すーーとわかったことがある。

(やりたいことが何かどうかはまだふわふわにしても)

私、パートナーや彼氏が欲しいわけでなく、パートナーや彼氏には単純に経済力を求めており・・。

私が欲しかったのは、自分で、自分の力で、安心して生活できる自活力と精神力だったのだ。

だから、自分の経済力のとらえ方の姿の変化に応じて男を変えてきたのか・・と。

(公務員⇒一部上場企業サラリーマン(こちらの方が給料が断然よい・・)⇒自営業社長⇒コア職の自営社長(コア資格職))

それが、わかって、まだ、自分には才能がある、自分には感性がある、と信じてみたら、自分がやりたいことがわかった気がした。

だから、これから、小さなことから挑戦してみる。

小さなことから、とにかく行動を起こしてみる。

道が正解だったら、なんか自然に開けてくると思うから、とにかく、いろんなことをしてみる。

 

・・とのこと。

なるほどな、と思った。