青い鳥 ブログ 

のーぷらんブログです  

自分を生きる

社会という大枠の集団、会社組織、家族、スクール、それぞれの集団。

その中で、どこにいようが、「自分」を生きる。

 

その集団を非難しても、文句を言ってもいい。

そう自分が感じるのなら、言ってもいい。

どの集団に属しても、どの位置に立っていても、安心は得られない。

安心は、自分の望みに、着実に答えていくことだけ。

 

 

私はどんな風に生きたい?

⇒自分を表現して生きていきたい。

 

私はどうすれば、自分を表現して生きていけると思う?

⇒私に聴いて、私が選択をする。それをまた、あえて自覚する。

最初は自分が選択することに実感がわかないと思うので、あえて自覚することも丁寧にする。

 

私は今どうすればいい?

⇒今、選択すればいい。

 

何を選択すればいい?

⇒今、自分を生きること。

そして、最初はそれをあえて自覚する。

自分を生きるといちいち言う。なにかに残す。

それを丁寧に、自分に語りかける。

 

私は、自分を生きる。自分を感じる。こうしている今、自分と話をしていて、自分を選択している。

PCを打っている、一文字、一文字、今、私は自分と話をして、自分を選択して、自分を生きている。

自分を表現している。

 

私はどう生きたい?

⇒ブレない自分で生きていきたい。

ひとつひとつ、自分に感情、自分の気持ちに正直に。自分に対して誠実に。

自分にはうそはつけないから。

自分に丁寧に丁寧に。自分のことを考えていきたい。

 

自分を表現していて、あらゆることから解放されている自分。

あらゆる発想が展開できる自分。

いろんな視点がもてるようになった自分。

 

自分のやりたいことがわかった自分。

やりたいことに進んでいく自分。

 

自分の好きなことを自然に選べている自分。

新しい発見ができる自分。

 

私のやりたいこと、好きなことを、毎日毎日選んでいけば。

丁寧に丁寧に、自分に語り続けていれば。

私は気が付いたら、自分のやりたいことで充たされる。