幽霊の品格

祟り信仰について自分の頭で考えるブログです

霊が家にいるような気がする場合の対処法

幽霊が家にいるような気がすると思った場合の対処法

 

ただの悪い空気です。不快な気です。

・部屋を掃除する。

・空気を入れ替える。(部屋の換気)

・湿気が集まらないような部屋配置を変える。(部屋の循環)

・空気を洗浄する(空気清浄機購入が、お祓いよりも効果的です)

特に、寝る場所は気を付ける。

ベットの下には埃がたまりやすいので、週に一回くらいは掃除しましょう。

(ベットの下収納はおすすめしません。)

 

部屋探しのとき、よくパンって手をたたいて、響くような音がすれば、幽霊はいないとか言いますが、空気がよどんでいる場合は(大抵湿気)空気も重たいので、音の響きは悪くなります。

 

霊の通り道になっているといわれる部屋は、大抵、湿気が留まりやすい流れの地形構造や建物位置関係からの部屋である場合が多いです。

見た目がきれいでリフォームをされているといううたい文句の部屋でも、断熱材が深くカビでいたり、実はその部分の配管や軒(クラック)に問題があり、雨水などがしみ込んでカビがさびが躯体に広がっていたケースもあります。

 

上記、部屋の掃除や、空気換気等の対策でうまくいかない場合は、賃貸なら部屋替えの検討、所有物件なら、メンテナンス時期にあると資金計画を立てた方がよいかもしれません。

 

霊が家にいるような気がする場合、上記を試してみてください。